店主のブログ」カテゴリーアーカイブ

店主の個人的なブログ。何気ない日々のことがらなど。

店主のブログ

たまに徒歩で、、、

今日は雲がほとんどない見事な快晴。別府湾沿岸の遊歩道。いつも朝はバタバタ
な私ですが、余裕ができるとたまに歩いてお店まで向かいます。今日はBGMに山
下達郎の「FOR YOU」のアルバムを聴きながらてくてく。うん、合うな〜♪

歩くと時間は結構かかりますが、家からお店のかなり先までずっと続いていて、考
え事や気分をすかっとしたいときには、ちょうど良いコース。途中にある城下公園
はゆっくりベンチに座って別府湾が見渡せる、物思いに老けるのが大好きな人には
持ってこいの場所です。

お店からは建物右脇の坂を降りていくと、湾を囲むように遊歩道が続いています。
当店でテイクアウトした珈琲片手に遊歩道も散歩してみるのはいかがでしょうか。
さぎやカモメ、漁師の船が気持ちよさそうに海の上を進んでいるのをぼーっと見て
いるだけでも癒されますよ。

店主のブログ

フウセントウワタ

先日のイベントでクロシェットデボアさんが束ねてくれたブーケ。この組み合わせ
が本当に好きで、何度見ても可愛いと言ってしまうお気に入りのブーケです。

特にこの ” フウセントウワタ ” が可愛くてたまらない、、、ある方がおじいちゃん
の頭みたいと言われてから、ちびまるこちゃんのともぞうじいさんに見えて余計に
に可愛いく見えて仕方がありません笑

可愛いのは姿だけでなく、その後の変化。しぼんだあと、弾けてこの白くてきれ
いな綿毛に包まれた種を飛ばすようです。たんぽぽの綿毛がとんで行く様子さえ
最近はなかなか見られなくなってきましたが、人間の知らないところで植物が懸
命に、そして優しくふわふわと次の命へと繋いでいるのを想像すると、本当に愛
おしく感じます。

店主のブログ

水面七変化・・・

爽やかな秋晴れの日、満潮の海面に太陽がきらきらと反射して、今日はまた一段と綺
麗な別府湾です。お知らせしたいこともたくさんあるのに、先ほどから七変化してい
く潮のグラデーションにうっとりしてしまって、思わずこちらを、、、。

いつもひょっこりと出ている島の頭も、満潮で棒しか見えないほど波だっています。
ぜひ、海を眺めにお茶だけでもどうぞ。本当に綺麗です^^お待ちしております。

店主のブログ

明日は大型台風が直撃するようですね。お店のオープンも午後からにしようか様子を
見てまたお知らせいたします。みなさまくれぐれもお気を付けください。

先ほどから別府湾がもやに包まれたり、澄み切ったりと不思議な気象模様です。

晴れたいつもの日は「とっとっとっと・・・」とを音をたてて漁師船が走りゆき、か
もめ?とんび?などが船についてゆく姿は何とも穏やかでとても好きな光景です。

ただ、台風が来る日の別府湾はいつもとちょっと違う船が浮かんでいます。
普段、大海原へ出ているタンカーや貨物船などが台風を避けて穏やかな別府湾へ待機
しているのです。写真では全然伝わりづらいですが、普段見慣れない大きな船ぶねが
数えられるだけでも12隻は浮かんで台風が通り過ぎるのを待っています。その光景
もまた見ものです。

でも、何事もなく被害をもたらさずに通り過ぎてほしいと台風に願うばかりです。
台風前日の雨のこんな日は何人の方がいらっしゃるかわかりませんが、ご来店いた
だけるお客様に感謝しつつ、お店でのんびりとお待ちしております。

店主のブログ

空のような湖のような

今日は見えるはずの大分市も別府市も海面から続く入道雲に隠され、
飛行機から見える空の上にいるような、全く波立たない水面は湖のようにも
見える別府湾です。

そして、海面からぴょこんと頭を出した岩。それは古く昔、港町で栄え大地震で
一夜にして沈んでしまった瓜生島とともにあった島々の一部かもしれず、、、
その記録が定かでないことから、瓜生島は謎多き沈島伝説として語り継がれて
いるようです。

もし本当にかなり大きな島々が、一夜にして沈んでしまったとしたら、、、
ひっそり佇む物言わぬ岩に何かを感じずにはいられず、毎日岩の出具合を
見つめている私です。。。

※瓜生島とともにあった久光島の一部と書いてしまいましたが、どの島の一部かも
そもそも島があったかも定かでないので修正いたしました。
ますます、瓜生島伝説について調べてみたくなりました。


店主ブログ

〜 何気ない日々のこと 〜

いただいた旬の果物「びわ」、、、帰って食べようと楽しみにしていたのに、

小さいひと房のみとなっていました。。。美味しいものはなくなるのがいつも早い、、、

田舎に帰ってきてからびっくりしたこと。とにかく旬の果物や野菜、お魚をいた

だくことが多くて、いつも玄関先にど〜んと気前よく置いていってくれるのです。

本当にみなさん育てるのが上手く立派なものばかりです。旬なものを旬な時期に頂き

食することのできる幸せを噛みしめる田舎暮らしの日々です。

そろそろ、庭先で七輪で色々と焼いてビールをぐびっといっぱいが最高の季節となりました^^

庭のヒメシャラの木に咲いた小さく白い花。葉っぱの下に隠れるように控えめに

咲く花に、「謙虚になりなさい」と囁かれたような、、、まさに謙虚でなかった

出発前の朝でした。